キシリトール配合のガムを食べたら歯磨きしなくていい?

MENU

キシリトール配合のガムを食べたら歯磨きしなくていい?

コンビニに行けば、キシリトールが配合されているガムが売られています。
昼は会社で歯磨きをする時間がないから、代用にガムを食べるという人も多いでしょう。
では実際に、キシリトールが配合されたガムは、歯磨きの代わりになるのでしょうか?

 

まず歯磨きの役割は、歯ブラシでブラッシングする事で、歯の表面や歯の隙間の汚れを取り除く事です。
汚れを取り除く事で、口内の菌の繁殖を抑え、虫歯や歯周病を予防します。

 

ではガムを噛む事で、歯の汚れを落とす事が出来るのかというと、ガムだけでは不可能です。
昼間に歯磨き出来ない時に、代用する分には構いませんが、やはり朝と夜はしっかり歯磨きをする必要があると言えます。

 

ただガムを噛む事で、得られる効果もあります。
それは、ガムに配合されているキシリトールには、虫歯菌の活動を抑制する効果があります。
またガムを噛む事で、唾液の分泌量が多くなったり、噛み合わせがよくなります。

 

唾液には殺菌効果や、食事の後で酸性になった口の中を中性にする効果があります。
そのためガムを噛む事で、虫歯予防の効果はあると言えるでしょう。
なので、歯磨きの代わりにはなりませんが、歯磨きとガムを併用する事で、より虫歯予防に効果的だと言えます。

 

虫歯予防についてhttp://www.noah-dental.com/

 

ガムはキシリトールが配合されたガムか、リカルデントガムがオススメです。
キシリトールは100%使用のモノが効果的です。
リカルデントガムには、再石灰化の促進効果があります。

 

甘味料が配合されているガムを食べると、間食となり、口内がずっと酸性の状態が続き、逆に虫歯になりやすくなるので注意して下さい。