BMW3シリーズ

6代目になる3シリーズは画素インエンジン320i、328i、XDriveと3L直6+フルHVのアクティブハイブリッド3、2Lターボ+クリーンディーゼルの320dブルーパフォーマンスのラインナップです。

4ドア、ワゴン、クーペ、カブリオレのボディ設定ですが、クーペとカブリオレ以外は75~100%のエコカー減税が適用されます。

セダンのフルモデルチェンジは2012年1月、ツーリングは9月にフルモデルチェンジをしました。

このクラスの完成度としてはハイブリッド、ディーゼルといったラインナップの良さもあって十分な感じなのですが、ちょっとボディサイズが大きくなってしまったかなぁという残念感が漂います。

あとアクティブハイブリッドが700万じゃ、100%の減税があっても、ちょっと手が出しにくい。

となれば、ガソリン車よりも20万円しか高くないディーゼルの選択に流れるかも知れませんね。

環境性能の良さは認められるのですが、どうもハイブリッドで費用対効果を見出すのは難しそうです。

プジョー208購入

驚異の燃費

というか今は普通なのかしら。

320dの燃費って20行くらしいですよ。

乗っている知り合いに訊くと「うそ!14ぐらいだよ!」と驚いていました。

高速で回していると20程度にはなるらしい。

一回だけ乗りましたが、乗り始めは320iよりも緩やかで優しい感じがします。

ただし1500回転あたりから力を感じ始め、2000回転では振り切られるほどのパワーを感じます。

実際のところは320iと320dの出力差はないのですが、最大トルクがさすがに違うということで、320dが「トルクで走る」感覚は、驚異です。

しかしその後に案外早く加速の頭打ちが来るので、ガソリン車と比べてどうよ?と言われればどっちどっちといった感じです。

もし試乗で両方体験できるのであれば、乗ったほうがいいですよ。

これは好みに違いも大きく左右すると思います。

後々のシフトチェンジなどを考えるとガソリン車ですし、乗ってすぐバッチバチに加速したいなら320d。

ちゃんとちゃんとエンジンを回したいならガソリンなのです。

ディーゼルは、どこまでも加速できるわけではないので、どっちがいいかしらが好みになるのです。

ディーゼルは必ず頭打ちがあるのです。

また寒い地方なら、ディーゼルは慣れるまでちょっと苦労するかもです。

そこがエコだといえばエコだなぁ。。。