コーラを飲むと歯が溶けるって本当?

MENU

コーラを飲むと歯が溶けるって本当?

子供の頃に親から「コーラを飲み過ぎると歯が溶けるから、もうやめなさい」などと注意されて、怖かった記憶がありませんか?

 

では実際にコーラを飲み過ぎると歯が溶けて、歯が溶けると虫歯になってしまうのでしょうか?
まず結論から言えば、コーラを飲んで歯が溶けるという事実はありません。
確かにコーラは炭酸飲料で、弱酸性ですが、歯が溶けるレベルではありません。

 

歯が溶けるレベルの酸性とは硫酸レベルの酸です。
そのためもしあなたが職業柄、硫酸などの物質を吸う仕事に就いている場合は溶けるリスクがあります。
もしくは、先天性の病気が原因で、歯が溶けてしまうケースはあります。

 

ですがごく日常的な生活を送っていて、歯が溶ける「酸蝕症」になる事はありませんから安心して下さい。

 

ではなぜ「コーラを飲み過ぎると歯がとける」と言われるようになったのでしょうか?
ちなみに都市伝説ではなく、ちゃんと理由は存在しています。

 

それはコーラを飲み過ぎると、歯は溶けませんが、虫歯になりやすいためです。
虫歯になる原因は、脱灰し歯の表面で歯を守っているエナメル質が弱まり、虫歯菌を抑える事が出来なくなるからです。
そのため歯に穴があいて虫歯になってしまいます。

 

虫歯菌は、甘いものが大好きで、甘いものを得ると活動が活発になります。
コーラには糖分が多く含まれて、飲むと口の中に糖分が摂取されて口内が酸性の状態になります。

 

通常であれば、歯磨きをし汚れを洗い落とし、唾液の効果によって、脱灰した歯を再び石灰化する事が可能です。
しかし、歯磨きをサボったり、間食で高頻度でコーラを飲んでしまうと、歯が石灰化されないまま、虫歯の原因になってしまうのです。

 

歯についてのマメ知識が知りたいならここ

関連ページ

鉄よりも硬い、歯の秘密を調査!
鉄よりも硬い、歯の秘密を調査!
歯の健康と唾液の関係性を紹介!
歯の健康と唾液の関係性を紹介!
親知らずは絶対に放置しないでください
親知らずは絶対に放置しないでください